Fandom


(ブログの記事の作成/更新)
 
(ブログの記事の作成/更新)
 
1行: 1行:
[[File:NBA 2K14 8.jpg|thumb|Eco-Motionエンジンで感情表現の描写が細かくなったPlayStation 4版の[[NBA 2K14]]。]]
+
[[File:NBA 2K14 8.jpg|thumb|Eco-Motionエンジンで感情表現の描写が細かくなったPlayStation 4版のNBA 2K14。]]
バスケットボールのビデオゲームというものを、私は過去にプレイしたことがあるのかどうかすら覚えていません
+
バスケットボールのビデオゲームというものを、私は過去にプレイしたことがあるのかどうかすら覚えていないといったところです
   
 
ファミコン時代かスーパーファミコン時代に何かプレイしたかな、というようなうろ覚えしかないです。
 
ファミコン時代かスーパーファミコン時代に何かプレイしたかな、というようなうろ覚えしかないです。
少なくとも、プレステI移行はバスケのビデオゲームのプレイはしたことがないかもしれないです。
+
少なくとも、プレステI以降はバスケのビデオゲームのプレイはしたことがないかもしれないです。
  +
その間にバスケのビデオゲームもとんでもなく進化したものですね。
  +
   
 
しかし、実在する選手が毎年ビデオゲームに登場するというのは凄いですね。
 
しかし、実在する選手が毎年ビデオゲームに登場するというのは凄いですね。

2014年7月6日 (日) 17:53に更新

NBA 2K14 8

Eco-Motionエンジンで感情表現の描写が細かくなったPlayStation 4版のNBA 2K14。

バスケットボールのビデオゲームというものを、私は過去にプレイしたことがあるのかどうかすら覚えていないといったところです。

ファミコン時代かスーパーファミコン時代に何かプレイしたかな、というようなうろ覚えしかないです。 少なくとも、プレステI以降はバスケのビデオゲームのプレイはしたことがないかもしれないです。 その間にバスケのビデオゲームもとんでもなく進化したものですね。


しかし、実在する選手が毎年ビデオゲームに登場するというのは凄いですね。 このNBA 2K シリーズもおよそ15年間かけて、毎年ゲームが更新されているというから凄いですね。が

NBA 2K14では、PlayStation 4に対応してから Eco-Motion (エコ・モーション) エンジンが導入されてさらに選手の感情表現や物体の反応などの表現が向上してリアリティを引き上げています。

今年の10月にはNBA 2K15も無事に発売され、初めから PlayStation 4 に対応しているので素晴らしいグラフィックを楽しめそうですね!

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。